ジブリの絵職人、男鹿 和雄監督の映画「種山ケ原の夜」挿入歌。
全編書上奈朋子によるアンサンブルプラネタの音楽が使われている非常にポエティックな映画である。
クラシック音楽に造詣の深かった宮沢賢治の作詞作曲の「牧歌」を元に4声のアカペラに書上奈朋子がアレンジしてある。
種山ケ原は宮沢賢治の創作の舞台として重要な場所である。
http://www.ghibli.jp/taneyamagahara/40trailer/

牧歌(種山ケ原の夜)

¥600価格
  • 形式 PDF 
    Fdur
    (変更可能なので必要な調をお知らせいただければ変更します)