検索

Quiet Diary


昔から即興演奏が好きだった。歌いながら好き勝手に延々やるのだ。間違えたり変な音を出してしまうとそれをいかにまことしやかな音にするか咄嗟に考えて進んでいくのが面白かった。Macで作るようになってから何度も聴き直せるのでその度に直す癖がどんどん強くなり建築的に作っていくほうにハマってしまった。 何度もスケッチをやり直し、作り直し、歌も仮歌から本歌へいく前にそれぞれのトラックも綺麗に整頓し、さて本歌はProToolsに全部ステムで移動してから、とガッチガッチなやり方で作っている。そして編集も綺麗にノイズも全部とり、さてマスタリング。、。とやっていると本当はどうでもいい細部にこだわるのがけっこう楽しくて延々やり続けてしまう。最初に作り始めたのは3年前?5年前?とかだったり。その間Mac壊れたりファイルなくしたり、。新しいソフトに移行したり、。この調子だと死ぬまでやり続けてしまうんじゃ、、と、そういうことなんだろうと思う。 それとは別に弾き語りスケッチは趣味でずっとやっている。マイクも画面前のAKGのC451Bで録音してる。 これだと細くて画面が見えるからだ。​​本来シンバルとかの録音用に最適なのだがこれがけっこういい声のシャリっと感が録音できて気に入ってる。​​しかし即興曲は作りっぱなしなのでどこにそのファイルがあるかはわからない。私は極端にファイルの整理整頓が苦手であっという間にデスクトップが得体のしれないファイルで埋め尽くされる。そしてたまに嫌気がさしてドサっと捨ててしまうがその前にたまにクリックして聞いてみると「え、、今作ってるのよりいいんじゃ?」と焦る。なんなら作ったその場で公開してけばなくさないよね、、と「0315」から始めたのを続けることにした。曲名の数字はそのまんま作った日付です。 それとは別にガッチガチなアルバムも作りましたので近日中にお知らせしますぞ、と。 ジャケットの写真は中村一弘さん。「Psalm」やEnsemble Planeta「Choral」の絵画的で印象的なジャケを撮ってくれた人です。ファッション系の写真が多い中村さんですがライフワークのInstagramの写真が素敵でとても詩的なので触発されます。

最新記事

すべて表示

Jpop

今更だが最近実はJpopを聴き始めた。別段嫌って聞かなかったわけではない。チャンスが全くなかったのだろう。テレビを見ないラジオを聞かない私には入ってくる予知はなかった。が、しかし最近サブスクでお勧めがたくさん出てくる。YouTubeで勝手に流れてくる。うざいなぁとおもいつつ聴くと、え?いいんじゃ?とその人の他も聴き始める。 話はそれるが、私はつい最近まで植物の「花」の良さは全くわからなかった。 植

素手で土をならす

古い家を壊し整地しまっさらにしてから建売の小さな家を建てて売るという、私のあまり好きではない風景をよく見る。先日も素敵な庭があった家を根こそぎ壊しあと少しで咲こうとしている梅からなにからなにまで掘り起こしてすべて撤去してしまったところを作業の人々が何人かで平にする作業をしていた。聞こえてくるのはわからない言語だ。肌の色や言葉の感じからしてアラブ系である。ニコニコと楽しそうに普段より寛いでいる彼らは

寂寥

Amazonのオススメで出てきた時代小説をポチっとKindleに入れて読んでみた。「心寂し川」(西條奈加)である。 この川とつくものはおよそじーんとする。 読まずにはいられない。と、たくさん出てくる登場人物の名前が把握できずに翻弄されながらも読み進んでいよいよクライマックスまできた。 一人息子を殺された茂十の仇の次郎吉が死んだときの文章がこれだったのだ(長いんで説明できないんで省略) 「たとえ憎し